お役立ち情報が沢山!

予防策を立てておく

原因を知り予防しよう

うつ病になる原因は、人によってさまざまです。もって生まれた性格が大きく作用する場合と、何かショックな出来事によって発生する場合があります。 性格については、真面目で完璧主義な人はうつ病になりやすい傾向にあります。逆に、あまりくよくよ悩まず、気楽な性格の人はうつ病とは無縁の傾向にあります。 そもそもうつ病になる人は、真面目すぎる故、自分にも他人にも完璧さを求めてしまいます。何事も頑張りすぎて、適当ができず結果自己嫌悪に陥ってしまうパターンが多いです。悪循環になる前に、意識して思考を変えていくことが大事です。 原因が分かったら、うつ病は予防できます。風邪やその他の病気と一緒で、うつ病になりにくい心を育てることが可能です。

日常での心がけが大事

日常生活の中で、誰でもストレスはつきものです。社会生活を営む上で、人間関係や仕事などで悩むことも多いでしょう。 日頃から、うつ病にならないようにするには、何事も一人で抱え込まないことが大事です。何か悩みがあったら、どんな小さなことでも誰かに相談したり、気軽に話し合える仲間を作りましょう。よくしゃべりよく笑うことで、うつ病の原因を回避することができます。 また、うつ病の原因を作らない方法の一つとして効果的なのが、散歩などのウォーキングです。体を動かすことで心も鍛えられます。人間も植物と一緒で、日光に当たることで健康体をつくります。短時間でも効果はあります。最初から頑張りすぎず、少しずつ習慣付けると良いでしょう。