お役立ち情報が沢山!

昔のうつ病

昔はあまり一般的ではなかった

うつ病は現代病の一種であると言われています。日本人はとてもストレスが溜まりやすい社会で生活しているため、知らないうちにひどいうつ病に掛かってしまう例が多いそうです。うつ病の原因はほとんどが仕事に依るものです。 日本人の働き方は、世界的に見るととても独特です。一つの会社に終身雇用で勤めて努力するということが美徳とされているため、その考え方に固執して知らないうちにうつ病に掛かってしまう人が多いそうです。 仕事の環境ややり方は、本来個人が好きに選べるはずのものです。無理に働くことで会社にとっても個人にとっても良いものではありません。固定概念を捨てきれない人ほどうつ病に掛かって余計に悩むことになってしまいます。

患者は増えるがサポート体制が充実する

今後、様々な原因によりうつ病の患者は増加することが予測されています。特に若者はゆとり教育によりストレス耐性が年配の人より少ないと言われています。今後、同じ社会で生活していても、よりストレスに耐えられない人が増えてくるかもしれません。 しかし、うつ病は誰でも掛かるものとして認知されてきています。社会的に認められることで、そのサポート体制が強化されることが期待できます。原因をしっかりと調査し、適切な治療を行うことが可能となりますので、これらはとても明るいニュースです。 うつ病は本人だけでなく、家族や職場の人たちにも大きな影響を与えます。どんなことが原因になり得るのかということを多くの人が意識することによって、予防することも大切です。