お役立ち情報が沢山!

自立支援のサポート

なってしまうと社会復帰が難しい

うつ病の原因には様々な要因があります。どんな人がなりやすいかというと結構生真面目な人がなりやすかったりします。しかし、仕事が原因でうつ病になる人は生真面目さがというよりもそもそもの環境が原因でなる人も結構います。 そして、自分がうつ病であると自覚するまでに時間がかかり結局仕事に支障が出て仕事どころではなくなってから初めて自分が病気であると言うことに気づきます。 そうなってしまうと仕事ができなくなってその後の生活が心配になり、更にうつ病の原因のストレスをためてしまう一方になります。 会社員であれば仕事をやめずに会社と相談して休職という形にしてもらい、健康保険の傷病手当金を受け取ることができます。他にも自立支援医療制度というのがありますのでそれを利用して通院などをすることをお勧めします。

うつ病は昔からあった病気

うつ病という病名がよくいわれるようになったのはここ数年の話ですが、昔から精神をきたす病気というのはありました。呼び方が様々に違うだけでそういったストレスによる精神の病気を発病した人は古代ヨーロッパで始めて発見されたと言われています。当時はうつ病などと呼ばず「メランコリー」と呼ばれていました。ただし、古代ヨーロッパでは病気は天からの恩恵であると言われていました。そのため身体的症状の見られない精神病患者は悪魔に取り付かれたと言われ、医者に見てもらうという習慣がほとんどありませんでした。 そのためメランコリー患者は悪魔憑きとして社会から隠蔽されていた傾向にありました。 それが20世紀の精神医学者によりメランコリーはうつ病患者であるという研究結果のもと掘り起こされました。 うつ病は現代人だけでなく古代人をも悩ます病気であったようです。

性格や考え方が関わっている

うつ病の原因として多くなっているのがストレスです。ストレスというのは大きく精神的なダメージを与えることになりますので、それが原因となってうつ病を発症するというようなケースが非常に多くなっているのです。 もちろんその人の先天的な性格であったりものの考え方によってもその発症の具合なども変わってくるわけですが、それでもストレスが原因となるというようなケースは非常に深くかかわっているといわれているわけなのです。 そうした環境というものを気を付けることによってうつ病を予防するというようなことにもつながりますので、なるべく生活環境には気を付けてストレスをため込まないような生活を心がけるようにすると良いかもしれません。

働き盛りに多いうつ病

うつ病になりやすい人の特徴としてはまずはまじめな人ということがあげられます。まじめな人は自分の仕事などを熱心に行いますし責任感が強く失敗などを常に恐れるというような傾向が強いものです。 そのために忙しかったり責任のある仕事を任されたりするとそれが重荷になってしまってストレスをため込んでしまうというようなことになるわけです。 こうした仕事上の責任というような重荷が原因となってうつ病になるということが多く、そのために働き盛りの男性に多い病気とも言われているのです。 このようなうつ病というのは脳の中の感情のコントロールがうまくいかないというようなことも原因であるといわれており、その治療法もさまざまで適した方法を探すようにしたいものです。